転職? それとも起業かな?? ~キャリア・ルネサンスを目指していた5年前の僕に届けたい言葉~

元旅行会社&IT会社員による、 転職そして起業した今だからこそ分かる記録集です 現職、転職、起業(げんてんき)で迷っている方 (週末)起業についてもっと知りたい方 とくに30代、40代(女性も男性も)の方に 読んで頂くと☆とてもうれしいです(^_^)

過去の友だち・未来の友だち

転起プロデューサーの大崎です!こんにちは。

 

先日、3年ぶりに
かつての会社の上司・同僚と
飲みました。

上司と私は既に会社を辞めていて
同僚は残っている。

そんな、それぞれの状況で
飲み始めたのですが・・


最初のうちは、
会話がはずむようではずまない。

別に緊張感などはないのですが
どこか探り探りという雰囲気。


そんな中、大崎が
あることに気がついて、
会話の方向性を変えると、
一気に盛り上がりました。



大崎が、気がついたこととは、


******
3人の関係が、
過去の友だちである
******

ということ。



友人には3種類あるのをご存知ですか?


その3種類とは、

●過去の友だち
●現在の友だち
●未来の友だち

の3つ。



過去の友だちとは、
・小学校や中学校などの同級生
・かつての会社の同僚や上司

現在の友だちとは、
・いまの仕事の同僚や上司
・いま所属しているコミュニティの仲間

未来の友だちとは、
・ 目標や方向性、手に入れたいことが
  近い友だち

と言ったイメージです。



この3種類は、
どの友だちが良くて、
どの友だちが悪い、
ということはありません。


ただ、話す内容が絶対的に違います。


例えば、過去の友だち同士でしたいのは、
過去の思い出話です。

現在の話や、未来の話は、
今ひとつ盛り上がりません。


実際、大崎が上司に会って
最初に「何をしているんだ?」と聞かれ、
説明すると・・

「よくわかんないなぁ。
 そんなことが仕事になるのか。
 へぇ。
 怪しいわけじゃないよな(笑)?」

と言われました(笑)。


最初に今ひとつ盛り上がらなかった、
とお伝えしたのは、まさに、こうした
それぞれの現状の話をしている時でした。


大崎が、「あっ、3人の関係は過去だ」
と気がついて、話題を
昔話にふり始めると・・
一気に盛り上がりました。



この友だちの種類を間違える、
というのは、よくある話なんです。


例えば・・
現在の友だちや、過去の友だちに、
一生懸命、自分の目標や夢である
「起業」について語る。



そうすると、9割以上の確率で、

「よくわからないなぁ」
「そんなのムリじゃないの?」
「それができるなら、みんなやるよ」
「お前は夢があっていいねぇ~(笑)」

というように、
否定されるか、
茶化されるか、
馬鹿にされる、
ということが起こります。


そして、その結果、
自信をなくし、気が付くと諦めてしまう、
なんてことが起こるのです。

そんな間違いを犯していませんか?

ぜひぜひ、未来の友だちを
作ってください。
行動が加速しますよ!!

 

☆☆☆☆☆☆

それでは、また。

気ままに、ナチュラルに書き続けたい・・

☆☆☆☆☆☆