転職? それとも起業かな?? ~キャリア・ルネサンスを目指していた5年前の僕に届けたい言葉~

元旅行会社&IT会社員による、 転職そして起業した今だからこそ分かる記録集です 現職、転職、起業(げんてんき)で迷っている方 (週末)起業についてもっと知りたい方 とくに30代、40代(女性も男性も)の方に 読んで頂くと☆とてもうれしいです(^_^)

恋愛相手は、誰でもいい?

転起プロデューサーの大崎です!こんにちは。

 

先日、ある女性(Aさん)の

相談にのりました。

Aさんの悩み。
それは・・・

「やりたいことが分からず、
 毎日の仕事がつらい・・」
とのこと。


ところが、話を聞いていくと


「小物を買ったり、それを飾ったり、
部屋を綺麗にするのは好きなんです」

と言われます。


「じゃあ、インテリアとかが
 好きなんじゃないんですか?」
と、質問すると、

「そうですね。1年ほど前、
インテリアコーディネーターの
資格をとろうと、
専門学校に通いました」

と言われるのです。


じゃあ、話は簡単。
インテリアが好きで、
インテリアコーディネーターが
やりたいのでは?

と聞くと・・・


「専門学校、すぐ辞めたんです」


それは、なぜ???



「架空の◯◯さん一家の
 部屋を作る、
 という授業がありました」

「40代のご夫婦で、
 小学生と幼稚園のお子さんがいて」

「一生懸命、◯◯さん一家が喜ぶ部屋を
 考えていたのですが、途中で、
『◯◯さんの家なんて、作りたくない!』
って、気がついて、、、」

「それで、あ~、自分は、
インテリアコーディネーターに
なりたいわけじゃないんだ、
って分かったんです」

と言われたんです。



むむむむむ。



ちょっと待ってください!!

いまの話、すごく大切な
ポイントが入っています。


Aさんは、
●インテリアは好き
●インテリアコーディネーターにも
 興味があった

ところが、、、
●◯◯さん一家には興味がなかった

だから、プロになって、
「やりたくない人の部屋は
やりたくない、とはいえないから」
インテリアコーディネーターじゃない、
と結論付けられたのです。


これ、すごくあるあるです。


でも、考えてみてください。

恋人がいなかったとします。
誰かとデートしたいな、と思っていたら
友人が、ある人を紹介してくれた。


喜んで、2人でデートをしたのだけれど、
どうも、その人と気が合わない。
行きたいところも、食べたいものも違う。


そして、帰ってきた後に、
大崎さんは、こう思いますか?

「あ~、自分はデートは向いてないんだ。
本当は恋愛したくないんだ」


そう考える人もいるかもしれませんが
多くの人は、こう考えるはずです。

「あ~、今回は、相手が違ったな」と。



ビジネスも同じなんです。

やりたいことがあっていても、
対象が違うと、
「あれ、これじゃなかったのかな?」
と思ってしまうものなんですよ!!


会社員は、常に、
やりたいことも、
相手も選べないので

こういう発想が、
染み付いてしまうんですよね。


いかがですか?
提供する相手が間違っていて、
「これじゃないかも・・」
なんて思っていることはありませんか?

一度、考えてみてください。

新たな発見があるかもしれないですよ!

 

 

☆☆☆☆☆☆

それでは、また。

気ままに、ナチュラルに書き続けたい・・

☆☆☆☆☆☆