転職? それとも起業かな?? ~キャリア・ルネサンスを目指していた5年前の僕に届けたい言葉~

元旅行会社&IT会社員による、 転職そして起業した今だからこそ分かる記録集です 現職、転職、起業(げんてんき)で迷っている方 (週末)起業についてもっと知りたい方 とくに30代、40代(女性も男性も)の方に 読んで頂くと☆とてもうれしいです(^_^)

理想を、ありありと描けてる?

転起プロデューサーの大崎です!こんにちは。

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

落ち着きます(^_^) (横浜公園にて)

 

 

♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪

 

先日、起業仲間と「希望の星」について

盛り上がりました。

 

「希望の星」とは、理想のことです。

 

5年後、10年後のキャリア、そして

プライベートも含めた人生全般の

理想は、ありありと描きたいですね。

 

船が灯台を目指して航海していることを

イメージすると分かりやすいですね。

 

話したことのうち、最も印象深いのは、

社内の人間関係に支障をきたすことが、

もっとも「希望の星」を見失いやすい、

という意見でした。

 

楽しく月60時間残業するよりも、

残業ゼロで人間関係ボロボロの方が

はるかに辛いですし。

(大崎、両方経験あります。。)

 

「希望の星」が見えていないと時々、

「なぜ仕事をしているのかな?」と、

社会人失格のようなことを考えたり。

 

 

きょうは、ここまで。

ではなく、ここからが本題。

 

仕事もプライベートもとくに不満なく、

楽しく充実している人は、

「希望の星」はっきり見えてるでしょうか?

 

 

答えは、イエスでも、ノーでもあります。

 

 

精神的に特別異常なければ、

「希望の星」は、まず見えるでしょう。

 

でも、「はっきり」見えているかは、

別問題です。

 

ゆがんで見えたり、ぼやけて。

あるいは、欠けていたり。

 

完璧な星として見えない理由。

それは、

 

他者のことを考えすぎているからです。

 

「会社で異動したいけど、願いは叶うかな?」

「転職したいけど、夫や妻に反対されそう」

 

といったことは、霧やモヤのような存在と

とらえ、まっすぐ星を見つめたいですね。

 

まずチャレンジですよ!

 

 

☆☆☆☆☆☆

それでは、また。

気ままに、ナチュラルに書き続けたい・・

☆☆☆☆☆☆