転職? それとも起業かな?? ~キャリア・ルネサンスを目指していた5年前の僕に届けたい言葉~

元旅行会社&IT会社員による、 転職そして起業した今だからこそ分かる記録集です 現職、転職、起業(げんてんき)で迷っている方 (週末)起業についてもっと知りたい方 とくに30代、40代(女性も男性も)の方に 読んで頂くと☆とてもうれしいです(^_^)

30代の方のキャリア、そして人生に向き合いたい②

f:id:osakiyokaka:20161221082851j:plain

 

IT転起デザイナーの大崎雅裕です、こんにちは。

 

私は、大学生までの約20年間、私自身のキャリアについて真剣に考えてきませんでした。小学生のとき、横浜スタジアムで、大洋ホエールズ(現DeNAベイスターズ)の試合を観て、漠然とプロ野球選手に憧れた後は、父と同じ会社員になることを、ずっと「夢見て」いました。社内で出世し、大きく稼いで両親を喜ばせる。社長島耕作のようなイメージです。

 

それでも、大学3年生の、あと半年で就職活動が始まる時期になると、さすがにエンジンがかかり、さあどうしようと考えた結果、大好きな旅行に携わりたいと、旅行関連の資格を目指し、旅行業界を中心に活動することにしました。

 

(希望通り旅行会社に就職でき、人材派遣会社を経て、IT業のF社に転職しました。これら3社のことは、後日紹介する機会があるでしょう)

 

私がここで触れておきたいことは、社会人になる前に、将来のキャリアについて、真剣に向き合ってこなかった人は、現在も多いという事実です。今、30代の方も、さらに中高生に聞いても、「◯◯になりたい!」という明確な職業は返ってこないですね。時代が大きく変化している、キャリアに関する家庭や学校教育は、旧態依然であることに、懸念を抱かざるを得ません。

 

ですので、社会人になり、責任ある仕事を任されてから、自身のキャリアについて分かってくることは多いと思います。20代は、目の前の仕事をこなし、新しい発見があり、充実して。そして、30代になると、自分を落ち着いて見つめられるようになり、未来の人生計画を練ります。転職などを考えるようになります。

 

私からお願いがあります。そのような時は、しっかり自分と向き合ってください。本当は何をしたいのか、そして夢は・・・常識にとらわれずに。突拍子もないアイデアが浮かんだら、実現の可能性を探ってください。もりもりファイトがわいてきますよ!

 

応援しています! 

 

 

f:id:osakiyokaka:20161221191627j:plain